[Windows] 今後、各OSでサポートする「Internet Explorer」のバージョン (2016年1月12日以降)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

「Internet Explorer」のサポートライフサイクルポリシーが発表されて、2016年1月12日以降は利用可能な最新バージョンのみがサポート対象になります。
(これによって「Internet Explorer 8」のサポート終了が決定されました)

 

Windowsプラットフォーム 利用可能な最新バージョン
Windows Vista SP2 Internet Explorer 9
Windows 7 SP1 Internet Explorer 11
Windows 8.1 Internet Explorer 11
Windows Server 2008 SP2 Internet Explorer 9
Windows Server 2012 Internet Explorer 10
Windows Server 2008 R2 SP1 Internet Explorer 11
Windows Server 2012 R2 Internet Explorer 11

※引用:Microsoft 公式ブログ「IEBlog」より

 
最近はウェブシステムも過去のバージョンのブラウザをサポートすることも少なくなってきました。
セキュリティ的にも正しい状況かと思います。
銀行系もようやく対応が進み、最新版へのアップデートを呼びかけるようになってきています。
社内システムの利用等のやも得ない事情が無い限りは最新版へアップデートしましょう。

 
◎より詳細な情報はこちら
[Microsoft サポート] Microsoft Internet Explorer サポート ライフサイクル ポリシーに関する FAQ

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。