[Windows] ping コマンドで IPv4 と IPv6 を切り替える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

「ping」コマンドでホスト名を指定した場合、IPv6 が有効な環境では以下のようにIPv6 のネットワークが優先的に利用されます。

sample [2001:db8::dead:beaf%16]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
2001:db8::dead:beaf%16 からの応答: 時間 <1ms
2001:db8::dead:beaf%16 からの応答: 時間 <1ms
2001:db8::dead:beaf%16 からの応答: 時間 <1ms
2001:db8::dead:beaf%16 からの応答: 時間 <1ms

2001:db8::dead:beaf%16 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

IPv4 のネットワーク情報を表示したい場合には、「ping」コマンドのオプションを指定して実行します。
ping46_01

このように「ping -4 ホスト名」と指定することで IPv4 ネットワークを利用して実行出来ます。

sample [192.168.0.100]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.0.100 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.0.100 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.0.100 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 2、受信 = 2、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。