Open Flash Chart を使ってみる(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

実際には「CodeIgniter」に組み込んで利用するつもりだったので、その方法を紹介しておきます


追加/変更したファイル

  1. system\application\controllers\openflashchart.php
    コントローラです。

    <?php

    class OpenFlashChart extends Controller {

    function OpenFlashChart()
    {
    parent::Controller();
    $this->load->library('UseOpenFlashChart');
    }

    function index()
    {
    $this->load->view('open-flash-chart');
    }

    function data()
    {
    前回紹介したデータファイル(JSON形式) のPHPを記載
    }

  2. system\application\views\open-flash-chart.php
    ビューです。
    ビューには「open-flash-chart.swf」を呼び出すオブジェクトタグを記載しています。
    以下のように、コントローラのデータメソッドを指定しています。
    {“data-file”:”/index.php/openflashchart/data/”}
  3. system\application\libraries\UseOpenFlashChart.php
    OpenFlashChartのライブラリをCodeIgniterで呼び出せる形式にラップします。

    class UseOpenFlashChart {
    function UseOpenFlashChart()
    {
      if ( ! class_exists('open_flash_chart'))
        {
          require_once(APPPATH.'libraries/OFC/open-flash-chart'.EXT);
        }
      }
    }
  4. system\application\libraries\OFC
    zipファイルに含まれる「php-ofc-library」をリネームしています。

こんな感じで「CodeIgniter」に組み込めました。

WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。