Photoshop で縦横関係なく長辺を指定した長さに複数の画像を一括してリサイズする方法

Photoshopで画像のフィット

この記事を書いた背景

ブログなどで画像を扱う場合、サイズが大きすぎる画像は管理側する側にとっても閲覧する側にとってもメリットがありません。

そこでこの記事では、Photoshop を使った縦横関係なく長辺を指定した長さに、複数の画像を一括してリサイズする方法について紹介させていただきます。

作る方針

Photoshop には次のような機能があります。

  • 縦長・横長に関係なく、長辺に合わせてリサイズを行う「画像のフィット」機能
  • 一連の画像処理をまとめる「アクション」機能
  • 複数の画像に対してアクションを適用する「バッチ」機能

これらの機能を組み合わせればできます。

今回は、画像サイズを指定した「画像のフィット」を「アクション」として登録し、指定したフォルダにある処理を行いたい複数の画像に適用してみました。

実際の手順

アクションを作る

何はともあれまずはアクションに処理を登録する必要があります。

  1. アクションの登録用に画像ファイルを1つ開きます
  2. 「ウィンドウ|アクション」メニューを開きます
  3. 記録ボタン(○ボタン)を押します
    Photoshopでアクションを作成 記録の開始
  4. 「ファイル|自動処理|画像のフィット」メニューを開きます
  5. 「幅」「高さ」に揃えたいサイズを指定し、「拡大しない」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします
    Photoshopで画像のフィット
  6. ファイルを保存します
  7. 「ウィンドウ|アクション」メニューを開きます
  8. 記録の停止ボタン(□ボタン)を押します
    Photoshopでアクションを作成 記録の停止
  9. アクションが追加されていることを確認します
    Photoshopでアクションを作成 追加されたアクション

まとめて処理する

上記の手順でアクションが作成できたらば、あとはまとめて処理を行うだけです。
Photoshop でバッチ機能を使う場合、フォルダ単位で処理が行われるので、処理したいファイルを1つのフォルダにあらかじめまとめておきましょう。

  1. 「ファイル|自動処理|バッチ」メニューを開きます
  2. 「実行」グループで、先の手順で登録したアクションを選択します
  3. 「ソース」グループで「フォルダー」を選択し、加工したいファイルが含まれたフォルダーを「選択」ボタンを押して指定します
  4. 「実行後」グループで「フォルダー」を選択し、加工したファイルの保存先フォルダーを指定します
  5. 「”別名で保存”コマンドを省略」にチェックを入れ、保存時に確認のダイアログを表示させないようにします
  6. 「OK」ボタンをクリックすれば、ソースで指定したファイル群にアクションを適用した画像が、実行後で指定したフォルダに保存されます
    Photoshopでバッチを実行

まとめ

画像処理にはいろいろ方法がありますが、Photoshop の自動化はほぼ何でもできますね。
今回ご紹介した方法以外にも JavaScript を使っても良いでしょう。

アクションとバッチは比較的初心者向けのテクニックだと思いますので、ぜひ応用していただきたいものです。

え?Webサイトのバックアップ、してないの!?

いざという時には復旧までしてくれる
『ワードプレス外部バックアップサービス』

■3つの特長
・自分でやらなくて良い
・いざという時の復旧付き
・外部サーバーにバックアップ

Photoshop で縦横関係なく長辺を指定した長さに複数の画像を一括してリサイズする方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す