Excel VBA で画面のちらつきを無くすには

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

Excel VBA でのマクロ開発をしていた時に出やすい問題の一つが、画面のちらつきです。それを抑制するためのメモ。

*

Excel に限らず、プログラムで画面に表示するデータを書き換えると、直後にアプリケーション側で画面を描画しなおします。
ですので、データ書き換えの前に画面描画機能を無効にするようにコードを書き、データ書き換え終了後に画面描画機能を有効にしなおせば良いことになります。

VBA では、Application オブジェクトの ScreenUpdating プロパティが画面描画の制御をしています。

サンプルコード。

[code lang=’vb’] Application.ScreenUpdating=False ‘画面描画機能無効
‘データの更新処理
Application.ScreenUpdating=True ‘画面描画機能有効
[/code]

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓