RAD StudioのデータエクスプローラでFireDACのInterBase設定がファイルに書き込めないエラーが出た:解決

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

この記事を書いた経緯

RAD StudioのデータエクスプローラでFireDACのInterBase設定がファイルに書き込めないというエラーが出でしまい、EMSサーバーなどのテストができずに焦りました。

解決するまでの流れをまとめておきます。

原因と解決方法

間違えてInterBaseを2回インストールしてしまい、最新の方を削除したのが失敗の元でした・・

原因は次の2つ。

  • 環境変数の設定が書き換わったこと→インスタンスがライセンスエラーしてしまう
  • レジストリの設定が書き換わったこと→参照先フォルダーのアクセス権が必要

次に直す手順を示します。

環境変数

  1. RAD Studioを開く
  2. 「ツール|オプション」メニュー
  3. 「環境オプション|環境変数」ノードを選択
  4. 下記2つの「ユーザー環境変数」を適切な値に変更
  • IB_Protocol InterBaseサーバーのインスタンス名を指定する
  • InterBase – InterBaseサーバーの実行ファイルのあるディレクトリを指定する

RAD Studio InterBaseの環境変数

レジストリ

「ファイル名を指定して実行(Win+R)」などからレジストリエディタを開く(regedit)
「HKEY_CURRENT_USER\Software\Embarcadero\FireDAC」キーを開く
下記2つの文字列を適切な値に変更

  • ConnectionDefFile
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\FireDAC\FDConnectionsDefs.ini
  • DriverFile
    C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\FireDAC\FDDrivers.ini

FireDACのレジストリ設定

まとめ

トラブル解決は大変です。

中の人(Y澤さん)ありがとうございました。

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓