Windows 10のジャンプリストにある「最近使ったもの」を消す方法

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

Windows 10を使っていると、スタートメニューやタスクバーに「最近使ったもの」という項目などで、使用したファイルの履歴が表示されます。

Windows 10 ジャンプリストの例(Word)

ジャンプリストと呼ばれるこの機能は、良く使うファイルをピン留めしたりするのに便利なのですが、不要な項目が増えてくると1つずつしかできないので削除が面倒です。

それをどうにかする方法についてのメモ。

履歴をまるごと削除する方法

アプリケーションの履歴のすべてを削除する場合は次の2つの方法があります。

「設定」を使う方法

次の手順でピン留めした以外の履歴を削除できます。

  1. 「スタート|設定」メニューを開きます
  2. 「個人用設定|スタート」を選択します
  3. 「スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する」をオフにします

エクスプローラーのオプションを使う方法

次の手順でピン留めした以外の履歴を削除できます。

  1. エクスプローラーを開きます
  2. 「表示」タブ「オプション」をクリックします
  3. 「全般」タブ「プライバシー」グループの「消去」ボタンをクリックします

Windows 10 クイックアクセスの表示オプション

「プライバシーグループ」にあるチェックボックスで、エクスプローラーの「クイックアクセス」にある「よく使用するフォルダー」や「最近使用したファイル」の表示・非表示を制御できます。

履歴が保存される場所

そもそも履歴機能はWindowsのショートカットファイルによって実現されています。

次のフォルダーを「ファイル名を指定して実行(Win+R)」などで呼び出すと、ショートカットの一覧が見えます。

%AppData%\Microsoft\Windows\Recent

その後Windowsがアップデートされ、このフォルダーの下に、ファイルの使用履歴を自動で取るフォルダーとユーザーのカスタマイズを保持するフォルダーが作られました。

こちらはショートカットではありませんが、1アプリケーション毎に1つ、履歴保存用のファイルが作られます。

%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\AutomaticDestinations
%AppData%\Microsoft\Windows\Recent\CustomDestinations

アプリケーション単位で履歴を削除する方法

そこで、アプリケーション単位で履歴を削除するためには、上記のフォルダーにあるファイルを削除します。

ファイル名にシステム管理用のIDが振られているためぱっと見わかりません。
適当にファイルを開いて「更新日時」を見るのが楽です。

Windows 10 AutomaticDestinationsの一覧

なお、「f01b4d95cf55d32a」はエクスプローラーのクイックアクセスなので削除しないように注意しましょう(私がやっちゃったので:汗)。

参考:How to Delete Jump List Items | Larry Larsen | Channel 9

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓