Mac OS X ElCapitanのFinderで「.」で始まったり不可視設定になっているファイルやフォルダを表示する方法

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

不可視ファイルの例

この記事を書いた背景

Mac OS X のファインダーでは、「.」始まったり不可視設定になっているファイルやフォルダが非表示になります。

Windowsではエクスプローラーの設定で表示・非表示を切り替えられるのですが、Macの場合はターミナルを利用する必要があります。

その方法についてのメモ。

方法

この機能を有効にするには、次のコマンドをターミナル上で入力します。
ファインダーの設定を変更し、その後ファインダーの再起動を行う内容です。

Defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean TRUE; killall Finder

元の状態に戻すには次のコマンドです。

Defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles; killall Finder

感想

見せたくないと言うのはわかるのですが、ターミナル使わないといけないのは正直面倒だなぁ。

ところで、24時間365日、自分の代わりに集客し続けてくれるWebサイトを作れたら良いと思ったことはありませんか?

ワードプレスを使えば実現できるのですが、いくつかのポイントを外すと失敗してしまいます。
実際、私は仕事柄いくつもの失敗を見てきました。

このメール講座では、その大事なポイントについて失敗事例を元に解決策をお伝えします。

普段お使いのメールアドレスを入力し、ボタンをクリックしてお申し込みください。

メールアドレス:

過去の講座受講者から感想をいただきました♪

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓