お買い物♪ 最長5日間バッテリーが持つ活動量計Fitbit Charge HRをAmazon USから輸入してみた

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

この記事を書いた背景

自分の健康管理のためにずっとFitbit Oneを使っていたのですが、
先日無くしてしまってから早1ヶ月。

Fitbit Charge HRが発売予定のままサイトもちっとも更新されません。

もう限界なのでFitbit Charge HRをAmazon USから輸入してみました。

↓日本でも発売されました

Fitbit Charge HRの特長

自分の中で必須だった機能と、実際に搭載されているについて比較も含めまとめてみました。

アクティビティモニターに必須と考えていた機能

  • 最低3日間はバッテリーが持つこと → 最長5日間バッテリーが持つと謳っている → 確実に4日間は持つようだ
  • 歩数が計れること → 計れる
  • 心拍計 → PurePulse 心拍計というのが付いていた
  • PCから情報を見られること → PC用サイトがある
  • ワイヤレス同期ができること → Bluetoothでできる
  • 登った階数が計れること → 計れる
  • 防水 → でした
  • なくならない → バンド形式なので安心

あれば便利かなという機能

  • 距離計 → 参考に見る程度
  • 消費カロリー → 参考に見る程度
  • アクティブな時間 → 参考に見る程度

買ってから便利だと思った機能

  • 時計 → スマホを出さないで時間が見えるので実は便利だった!
  • 着信通知 → スマホをカバンに入れていても着信に気づける!(あんまり出ないけど)
  • 自動睡眠監視 → 酔って寝てしまってもちゃんと測ってくれる!
  • 定期的にアップデートのメールが送られてくる → モチベーションアップに繋がった
  • アラーム → 複数個設定しておき、一日の活動の指針に使える!

開封の儀的なやつ

Amazonから到着したばかりの箱。
2/15に頼んで2/20に到着しました。
海外からだと思うと本当に早く感じます。

Fitbit Charge HR梱包状態

Amazonダンボールなのです。モノはちっちゃいのです。

Fitbit Charge HR開梱状態

商品をよく魅せられるパッケージです。

Fitbit Charge HRパッケージ

箱から取り出したところ。
自分は大きいLサイズを買いました。

Fitbit Charge HR本体

本体以外の付属品は、Bluetoothドングルと充電用ケーブルです。
スマートフォンとの同期ならドングル不要です。

Fitbit Charge HRアクセサリ

とりあえず充電します。
専用のコネクタなので、こいつを無くすと面倒そうです。

Fitbit Charge HR充電中

腕にはめてみたところ。
スーツの時は時計をする派なので、単品で目立ちたがらないシンプルなデザインにめっちゃ好感を持っています。

Fitbit Charge HRを腕に装着

まとめ

もうFitbit無しには生きていけない身体になっていたので、無くしたときは本当に泣きそうでした。

サイトに出ていた近日発売を見てから早1ヶ月、ちっともステータスが更新されない間はイライラし続け、仕方がないのでiPhone 6の機能でなんとかしのいではいたものの、その正確性には問題があり(常に持ち歩いているわけではないので)、Fitbit Charge HRを手にしたときのうれしさはひとしおでした。

何も考えずに計測される楽さを知ると、もう戻れませんよ。
計測されると改善しようという気が起きるのがまた不思議。

使ったことがない方は、健康のためにもめちゃくちゃおすすめです。

↓日本でも発売されました

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

山本をフォローするだけでちょっぴりお得な情報が見つかりますよ↓↓↓