お買い物♪ Bluetooth 接続で超小型のタッチパッド(スライドパッド)付きキーボード Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02

いつもシェアしていただいてありがとうございます。これからも「ちょいとお役立ちして嬉しくなる」記事の配信を目指しています。ポチッと↓のボタンからシェアしてください。

Bluetooth 接続で超小型のタッチパッド付きキーボード Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 を購入したのでレビューします。

購入の動機

Windows タブレットとして先日 Surface Pro 3 を購入したのですが、それ以前から持っている Miix2 8 なども含め、デスクトップとして使うときや、ある程度長文を打つときにはハードウェアキーボードが欲しくなります。
※Miix2 8 の方が画面サイズが小さい分、Surface Pro 3 よりも親指打ちしやすいという(苦笑)

Surface Pro 3 の TypeCover は購入しているのですが、単体で 300g 近くあり、普段から本体と一緒に持ち歩くには正直重たいのです。

そこで、もっと軽いキーボードが欲しくなって探し始めました。

自分の欲しい基準は次の通りでした。

must

  • Surface Pro 3 の USB ポートは1つしかないため、Bluetooth 接続であること
  • ESC/Tab キー、修飾キー(Shift/Ctrl/Alt)、数値キー、F1,F2 などのキーが独立して存在すること
  • 少なくとも TypeCover よりも軽量であること
  • QWERTY 配列であること
  • タッチパッド or マウスが付いていること

want

  • バックライトがあること

写真レビュー

Amazon の Hisgadget Japan で購入
したので、ポチった翌日に届きました。
小さな箱です。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 ケース

同梱物

自分のところに届いた本体以外の同梱物は、USB ケーブル・保証書・ユーザーズマニュアル・サンクスカード、でした。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 同梱物

USB ドングル

本体には Bluetooth の USB ドングルが内蔵されています。
レビューなどで入っていなかったというコメントなどを見かけますが、気づいていないんじゃないかな。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 USBドングル

キーボード面

なんと、日本語キーボードです(刻印)。
掲載されている写真が US 配列のものだったのですっかりそうだと思っていましたが、刻印通りに打てるのでこれは嬉しい間違い?ですね。
刻印通りではないと文句を言っている方は、キーボードのレイアウトをちゃんと合わせることを知れば落ち着くのではないかと・・
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 キーボード面

背面

とくに可も無く不可も無く。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 背面

側面スイッチ類

電源ボタンはスライド式。
充電用の MiniUSB ポートがひとつ。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 電源とMiniUSB

レーザーポインター機能

自分は使いそうもないレーザーポインター機能。
あー、ネコは喜んで飛びつきますが(笑)
ポインターモードに合わせてタッチパッド(スライドパッド)部分を縦横変更できるのは、使う人にとってはポイント高そう。
色は赤です。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 レーザーポインター

レーザーポインターを使うためのスイッチ。
Riitek Rii mini Bluetooth keybord RT-MWK02 レーザーポインターのスイッチ

実際に使ってみて

以下、しばらく実際に持ち歩いて使ってみた感想です。

良かったと思う点

  • キーのレイアウト・刻印が日本語 106/109 と同じ
  • タイプはカチカチとした感じできちんと押すことができます。ザウルス MI-E1 に近いと言えばわかる人にはわかるかも
  • マウスのホイールスクロールは Fn キーの組み合わせて実現されています。縦スクロールのみでもあるとだいぶ違います
  • Fn キーの組み合わせで F1,F2 なども使え、F12 まであるのは優秀ですね。類似品では F8 ぐらいから入力自体できないものが多いので
  • Home/End/PgUp/PgDn も、Fn キーとカーソルキーの組み合わせで利用可能です
  • 左上の「Full/Half」キーは「半角/全角」キーでした
  • バックライトは思いの外明るくて便利です

改善を希望する点

  • 「^/-」がスペースキーの左なので、なかなか入力に慣れません
  • マウスのボタンはタッチパット部の下ではなく、キーボードの左側に欲しいです。ドラッグなどが非常にし辛い(タップ・ドラッグは可能ですが)
  • 手で掴んで打つには、右側のタッチパッド部が邪魔になります。商品の形状上仕方がないのですが、四角くなっても良いのでキーボードの上部とかにあればな、と思います
  • ZXCV 列の入力ミスも多いので、1キー分右にずらして欲しいですね
  • 100g しかないのですが、思ったより重く感じます。それ以前に持っていたのが iPhone 5 用のもので 68g ぐらいだったので、それと比べれば、という話ですが
  • 33mm 四方のタッチパッドはやはり狭いですね。キーボードとのレイアウトと合わせ、大型化してもらいたいところ
  • 15mm は厚いです。スマホが当たり前の様に 10mm 切っていますし、一緒に持った Surface Pro 3 よりも厚いと何か微妙な気分に・・
  • なぜ電源に MicroUSB を選択しなかったのか・・

まとめ

改善希望を多く出してしまいましたが、おおむね自分は満足しています。

メールやブログを書く場合などにはさすがに厳しいですが(それでもけっこうやれますが)、ウェブを見ているときやチャットなどであれば、画面の半分近くを覆ってしまうソフトウェアキーボードを出さずに済むので重宝しています。

購入はこちらからどうぞ。