[CentOS] sed コマンドで自分自身を上書き更新する

通常のsedでは、自分自身を更新する時は、一旦別名で出力させておき、その後に別名ファイルを自分自身に置き換えることをしますが、
-i(–in-place)オプションを使うことで入力ファイルの上書き更新ができる。コメント行の有効・無効の切替たり、実は色々なことに応用が利くのですごく便利です。

続きを読む