Windows Liveメールへのデータ移行(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Windows 7から、メール・クライアントが標準装備ではなくなった。
長年お付き合いしていた「Outlook Express」から開放されることになる。
※Vistaでは「Windowsメール」が標準装備

Windows 7では、必要に応じて「Windows Liveメール」をダウンロードして利用することになる。
※Windows LiveメールはWindows 7だけでなく、Windows XP/Vistaでも利用できます
もちろん、これを機に、その他のフリーや有料のメール・クライアントを利用するのもオススメしますよ。

というわけで、ここではWindows XPの「Outlook Express」から、新しく用意したWindows 7のPCで「Windows Liveメール」を利用するためのデータ移行を紹介します。

まずは「Outlook Express」のデータのバックアップから

  1. アカウント情報:アカウント設定画面よりエクスポート
  2. アドレス帳:アドレス帳からエクスポート(wab形式)
  3. メールデータ:オプションのメンテナンスタブより保存フォルダを変更することで指定フォルダに書き出す

上記3点を外部媒体なり、ネットワークで新しいPCに移しましょう。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。