基本的なRAIDの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

自分の記憶の意味でメモしておく。

○RAIDとは・・・
複数のHDDを組み合わせて「冗長性」、「書込速度」を拡張した「大容量」のストレージを実現する仕組みのこと。

○RAIDのレベル

  • RAID0:ストライピング
    必要最低HDD数:2台(実容量2台分)。冗長性のUPは無い
  • RAID1:ミラーリング
    必要最低HDD数:2台(実容量1台分)。書込速度のUPは無い
  • RAID5:パリティRAID
    必要最低HDD数:3台(実容量2台分)。パリティデータで冗長性を保証。書込速度もUP
  • RAID6:多重パリティRAID
    必要最低HDD数:4台。パリティデータで冗長性を保証。書込速度もUP

※上記を組み合わせた、RAID0+1やRAID50なども存在する。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。