[Windows10] タスクマネージャー見ると OneDriveSetup.exe (32 ビット) がずっと動いている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アクションセンターに下記のようなアップデートが失敗するエラーが表示されて、タスクマネージャーにOneDriveSetup.exe (32 ビット)が残り続ける現象が起きていた時の対処法です。

どうも一定のバージョンからのバージョンアップ時にトラブルが起きているようです。(詳細は不明)

◎対処方法

  1. タスクマネージャーの OneDriveSetup.exe からエクスプローラーでセットアップファイルの場所を開きます。
  2. タスクマネージャーから OneDriveSetup.exe を選択してタスクを終了させてください。
  3. 開いたエクスプローラーから一つ上のフォルダへ移動して「setup\logs」を開きます。
    C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\OneDrive\setup\logs
    
  4. フォルダ内にある下記の2つのファイルを削除します。
    userTelemetryCache.otc 
    userTelemetryCache.otc.session
    
  5. 改めて先ほど開いた OneDriveSetup.exe のあるフォルダへ移ります。
    C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\OneDrive\Update
    
  6. OneDriveSetup.exe をクリックすると下記のように正常にアップデートされるはずです。

この症状が起きると、一旦OneDriveSetup.exeを終了させても定期的にアップデートプログラムが起動されるため、気が付くとCPUリソースを使っている状態になります。
これにより動作は遅くなったり、ノートパソコン等では本体が加熱状態になるなど、色々な弊害がでるので、早めに対処する事をオススメします。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。