[Windows] Windows Server Backupをコマンドから実行する(Wbadmin)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows Server Backup をスケジュールバックアップしている状態で、別のバックアップを定期的に実施するために便利です。
コマンドからWindows Server Backupを実行するには以下のようにします。

wbadmin start backup -backuptarget:%backDir%\ -include:C: -allCritical -systemState -quiet

※コマンドオプションの詳細はこちら([TechNet]Wbadmin バックアップの開始)を参照してください。

これをバッチファイルでタスクスケジューラに登録します。
これで、バックアップスケジュール実行を複数行うことができます。

【注意】通常のスケジュールバックアップと同時には実施できないので、処理時間がバッティングしないようにスケジュールを調整してください。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。