[Windows] Windows10 で ping が応答しない場合に確認すべき内容(Windows ファイアウォール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows 10 のパソコンが ping 応答しない場合に確認すべき内容です。
最も重要なのはプロファイルの設定(旧ネットワークの場所)です。これが「パブリック」になっていると殆ど何もさせてもらえません。まずは、これが違っていないかを確認しましょう。(詳しくは下記を参照)

@IT Windows 10でますます迷宮化する“ネットワークの場所の切り替え”――どうしたら簡単に操作できる?

 
これが正しく設定されていれば、ほぼ問題ないはずなのですが、一部の環境(複数ネットワークアドレスが混在している場合)では、これだけでは不十分です。今度はWindows ファイアウォールの設定を確認しましょう。

 
[コントロール パネル][システムとセキュリティ][Windows ファイアウォール] で 「詳細設定」から設定ウィンドウを表示させます。
Windows ファイアウォール 詳細設定

 
[受信規則]で「ファイルとプリンターの共有(エコー要求 – ICMP ***)」のプロパティを表示(ダブルクリック)して「スコープ」のタブを選択
受信の規則 プロパティ
※無論、任意のIPでは全てのネットワークに開放されてしまうため、ネットワークアドレスを指定して追加する方が安全です。

 
これのリモートIPアドレスの設定が標準では、「これらのIPアドレス」で「ローカルサブネット」に限定されています。結構見落としがちな部分なので注意しましょう。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。