[WordPress] パスワード保護をかけた投稿/固定ページの有効期限を変更(延長・短縮)する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WordPress では、投稿や固定ページにパスワード保護を付けることができます。
このパスワード保護機能は、パスワードを入力すると標準では10日間はアクセスが可能になります。
※他のパスワード保護ページを開いたり、セキュリティソフトやブラウザの種類によって、強制的にリセットされる場合はあります。

WordPress のパスワード保護機能は、Cookie の仕組みを使っているので有効期限を調整できます。

具体的には、お決まりの functions.php に下記を追加すればOKです。
※私の場合は「functions.php」ではなく「Code Snippets」)で導入してます。

function custom_post_password_expires() {
    return time() + HOUR_IN_SECONDS ;
}
add_filter('post_password_expires', 'custom_post_password_expires' );

コード内の「HOUR_IN_SECONDS」は他にも下記のような記述が可能です。
(WordPress 3.5 から、時間を表記しやすくする定数がいくつか導入されています)

MINUTE_IN_SECONDS  = 60 (seconds)
HOUR_IN_SECONDS    = 60 * MINUTE_IN_SECONDS
DAY_IN_SECONDS     = 24 * HOUR_IN_SECONDS
WEEK_IN_SECONDS    = 7 * DAY_IN_SECONDS
YEAR_IN_SECONDS    = 365 * DAY_IN_SECONDS

 
この方法の他にも、Cookie 自体を保存しないようにすることで、毎回パスワードを入力させるようにもできますが、同一パスワードによる複数ページにまたがったページ保護を行っている場合などでは、毎回入力させるのは面倒なので、有効期限を短縮する程度にしておいた方が利便性が損なわれません。

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。