[CentOS] wget でダウンロードしてきたファイルを残さずに、中身を展開する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「wget」はHTTP上のファイルをローカルにダウンロードするのに便利なコマンドです。
実はダウンロードしたファイルを展開して使って、最後はダウンロードファイルを消していませんか?

通常、ダウンロードするファイルはアーカイブ(ZIPやTARGZ)されていますので、展開した後は不要になりますよね。こんな感じ作業していませんか。

wget --no-check-certificate https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
tar zxvf latest-ja.tar.gz
rm latest-ja.tar.gz

 
これを「wget」のオプションとパイプを使って、1度に済ませることができます。

wget -O - --no-check-certificate https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz | tar zxvf -

ポイントは「-O -」です。 Oオプションで出力先を指定できるのですが、
これに「-(標準出力)」を指定することで、パイプを利用して直接tarコマンドへ入力させることができます。

バッチ処理なんかには便利ですね。

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。