[Windows10] このフォームを Web ブラウザーで開くことはできません。このフォームを開くには、Microsoft InfoPath を使用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Office365のバージョンアップ時にInfoPathの関連付けがクリアされてしまった症状になってしまったので、解決方法などをメモとして残しておきます。
タイトルでこの記事にたどり着いた方は、発生環境が違えば対応方法も異なる可能性があるので、ご注意いただきたい。
また、xmlファイルを他にも関連付けされている人も、この記事はInfoPathのみが動けばよいような方法なので、自分の環境を十分に確認してください。

◎発生環境
・Office365 2013 ⇒ 2016 へのバージョンアップ
・OS環境:Windows10Pro 64bit (Windows8からのアップグレード)
・オンプレミス版Office:InfoPath2013

◎対処方法
以前はInternet Explorer の関連付けの設定は下記にありました。
o365upinfopath-01

Windows10では管理方法が変わっています。
o365upinfopath-02

 
 

  1. 指示通りに[設定][システム]へ
    o365upinfopath-03
  2. [システム]画面の左側のメニューの下部に「既定のアプリ」があるので、「アプリによって既定値を設定する」を選択
    o365upinfopath-04a
  3. 既定のプログラムから「InfoPath(デスクトップ)」を選択して、「すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する」をクリック
    o365upinfopath-05a

 
 
これで無事に Internet Explorer からクリックして InfoPath が起動するようになりました。
※始めにも申し上げたとおり、この方法だとInfoPathで開けるものは全てInfoPathで開いてしまいますので、
個別にアプリケーションをインストールして関連付けを変更している場合は注意が必要です。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。