[WordPress] 子テーマを利用している場合は get_template_directory_uri() ではなく get_stylesheet_directory_uri()

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プラグインやテーマ、テンプレートを制作する際には注意して欲しい内容です。
カレントテーマの URI を取得する方法としてAPI関数の名前的にも「get_template_directory_uri()」を利用してしまいがちです。
ここで問題が生じます。子テーマを利用している場合は get_template_directory_uri()は親テーマのパスが取得されてしまいます。

最近ではテーマも日々バージョンしますので、子テーマを作成してカスタマイズするのが推奨されています。
子テーマのパスを取得したいなら、get_stylesheet_directory_uri() を使う必要があります。

  • 親テーマのパスを取得 → get_template_directory_uri()
  • 子テーマのパスを取得 → get_stylesheet_directory_uri()

WordPress Codex のドキュメント[get_template_directory_uri()]にも記載されています。

よくある落とし穴かと思いますので注意しましょう。

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。