[CentOS] sed コマンドで自分自身を上書き更新する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

通常のsedでは、自分自身を更新する時は、一旦別名で出力させておき、その後に別名ファイルを自分自身に置き換えることをしますが、
-i(–in-place)オプションを使うことで入力ファイルの上書き更新ができる。
コメント行の有効・無効の切替たり、実は色々なことに応用が利くのですごく便利です。

 
例)com → org に置換する

sed -i -e "s/com/org/g" DOMAIN.txt

 
こんな感じで、設定ファイルのコメント行を一括削除することもできます。

sed -i -e "/^#/d" filename.conf

 
◎失敗が怖いのでバックアップも取りたい方へ(安心してくださいチャンとありますよ!)

sed -i.org -e "s/jp/tokyo/g" DOMAIN.txt

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。