[Windows] LAN Manager認証レベルを未定義に戻す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

ちょっと古いネタです。
Windows 7 から古いNASにアクセスできない場合の対処方法として、ロカールセキュリティーポリシーで設定を変更する内容が良く紹介されている。

Windows TIPS : Windows 7から古いNASにアクセスできない場合の対処方法(LAN Manager認証レベルを変更する方法と注意点)

ネットワーク セキュリティ : LAN Manager 認証レベル

しかし、このロカールセキュリティーポリシーの変更は一旦変更してしまうと、設定画面では元に戻すことはできません。
w7lsplma
これを元に戻す(「未定義」に戻す)には以下の方法を実施します。

  • レジストリを削除する方法
    レジストリキー:HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
    名前:LmCompatibilityLevel
    を削除します。
  • BUFFALOの提供している設定ツールを利用する方法
    http://buffalo.jp/download/driver/hd/lmclchg.html
    上記より、「ファイル共有セキュリティーレベル変更ツール」をダウンロードしてインストールします。
    このツールを使って設定を変更したり、元に戻したりできます。

レジストリエディタを使うことに抵抗が無い方はレジストリを直接削除すれば良いでしょう。
レジストリエディタに不安のある方は、設定ツールをインストールして変更後、アンインストールしてください。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。