ヤマハがスイッチ市場に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

ちょっとカッコイイ。。。

以下、記事抜粋

ヤマハ株式会社は6日、Gigabit Ethernet対応のレイヤ2スイッチ「SWX2200シリーズ」を、2011年2月下旬に販売開始すると発表した。

ラインアップとしては、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×24ポートの「SWX2200-24G」、1000BASE-T /100BASE-TX/10BASE-T×8ポートの「SWX2200-8G」を用意する。想定価格は、それぞれ7万円前後、3万円前後。

SWX2200-24G/8Gの両製品は、ルータと連携することにより、ネットワークの信頼性向上と、ネットワーク管理者の負荷を軽減する機能を備えたレイヤ2スイッチ。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。