[WordPress] jetpackの「Photon」で手っ取り早くCDNを利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

CDN(Contents Delivery Network)「コンテンツデリバリネットワーク」とは、Webコンテンツを円滑に配信するための仕組みです。
ひと昔前は商用利用がほとんどでオンラインゲームやショッピングモールなどので使われていました。
最近ではキャッシュサーバーというようなイメージで個人利用のCDN が出てきています。

WordPress の jetpack では手軽に使えるCDNとして『Photon』という機能を提供しています。
手順は簡単です。下記の jetpack の設定画面で有効化するだけです。

photon01

 
これで何が変わったのかというと。見た目は何も変わっていません。
HTMLのソース表示で確認できます。

 
◎『Photon』有効化する前

<h2>夏の『赤字特価で大放出セール』開催中です!</h2>
<p><a href="http://www.dreamhive.co.jp/201408/2605">
<img src="http://www.dreamhive.co.jp/wp-content/uploads/2014/08/dh2014summer_sale.jpg" alt="赤字特価で大放出セール" height="100" width="600">
</a></p>

 
◎『Photon』有効化した後

<h2>夏の『赤字特価で大放出セール』開催中です!</h2>
<p><a href="http://www.dreamhive.co.jp/201408/2605">
<img src="http://i0.wp.com/www.dreamhive.co.jp/wp-content/uploads/2014/08/dh2014summer_sale.jpg?resize=600%2C100" alt="赤字特価で大放出セール" height="99" width="595">
</a></p>

わかりましたでしょうか。画像の URL (http://i0.wp.com/~) が書き換わっています。
これにより運用しているサーバーへアクセスが集中することなく、画像だけが「Photon」のキャッシュサーバーを経由してサクセスされます。
「Photon」は最も手軽に CDN を体験できる機能なんです。

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。