[WordPress] テーマのカスタマイズは子テーマを利用しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

WordPress標準のテーマや WordPress.org の公開テーマを利用している場合はテーマがバージョンアップする場合があります。
テーマ編集でカスタマイズをしている場合、アップデートすればカスタマイズ内容もクリアされてしまいます。

WordPressでは「子テーマ」という機能を使って、この問題を解決できます。
子テーマを作成するのは簡単です。

  1. 子テーマ用のディレクトリを作成(名称自由)
  2. 子テーマ用のstyle.cssを作成(名称固定)

◎最低限の[style.css]の作り方

@charset "utf-8";
/*
Theme Name: TF-ChildTheme
Template:twentyfourteen
Author: mkoba
Theme URI: http://blog.dreamhive.co.jp/mkoba/
Description: twentyfourteenの子テーマ
*/
@import url('../twentyfourteen/style.css');

これで最低限の子テーマは出来上がります。
カスタマイズしたい内容をstyle.cssに追加したり、親テーマからphpファイルをコピーすればテーマのPHPもカスタマイズできます。

親テーマがアップデートされても子テーマでカスタマイズした内容がリセットされることはありません。

WordPressの子テーマに関する詳しい解説はこちら
>> http://wpdocs.sourceforge.jp/%E5%AD%90%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E

ネット集客を加速させるWebサイトをWordPressで作る方法
WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。