[Windows] IIS 7.x 系のシステムアカウント(ApplicationPoolIdentity)にアクセス権限を与える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

IIS 7.x系のシステムアカウントは標準でビルトインアカウント(ApplicationPoolIdentity)に設定されています。(昔のIISでは「NETWORK SERVICE」などでした)
iis7_ap01

ところが、このビルトインアカウント(ApplicationPoolIdentity)はアクセス権の設定画面で入力しても見つかりません。
iis7_ap02

IIS 7.x系でアクセス権限を制御するには、システムアカウント単位ではなく、アプリケーションプール単位で制御します。
そのため、オブジェクト名の部分には[IIS AppPool¥アプリケーションプール名]と記述することで、アクセス権限を設定できます。
iis7_ap03

↓「名前の確認」ボタン押下後 ↓

iis7_ap04

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。