[Windows] 共有フォルダ内でも有効なリンク (ジャンクション)を作成する (mklink コマンド)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

以前にもシンボリックリンクを作成する記事(mklink コマンド)を書きました。
(下記の関連記事でも表示されていると思います)

このmklink コマンドを使って、共有フォルダ内でも有効なリンク (ジャンクション)を作成することができます。
何が便利かというと、通常のシンボリックリンクでは物理パス(C:¥~)のような形式でリンク先を指定している通り、共有フォルダとして外部からアクセスされたときはアクセス元のローカルパスのような解釈になり、思い通りの動作がされません。

そこでシンボリックリンクとは違った「ジャンクション」を作成すると共有フォルダ内でも有効なリンクを作成することができます。
作り方は簡単で以前紹介したmklink コマンドの「/J」オプションを利用するだけです。

>mklink /J link C:¥xxxx

※mklink コマンドは管理者権限が必要なので注意してください。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。