[CentOS] ネットワークインターフェース番号(eth0,eth1)がズレた場合の対処方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Hyper-V等の仮想OS上でネットワークインターフェースのMACアドレスが動的に変わるような設定をしていると、別のホストOSへ移動した際にインターフェース番号がズレてしまいます。

>ifconfig -a

eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:15:5D:10:F0:28
          BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 b)  TX bytes:0 (0.0 b)
          Interrupt:9 Base address:0x6000

以前の設定では「eth0」で初期設定していたはずなのに、「eth1」に変わってしまっています。

こんな時には下記のファイルを確認してください。
/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

こちらに「eth0」「eth1」も登録されているので、このファイルを変更して不要な登録を削除し、有効なインターフェースの番号を初期設定した「eth0」等に変更します。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。