[Hyper-V] 警告:サーバー認証に使用される証明書の有効期限は 30 日間です。証明書の有効期限が切れると、仮想マシンへのリモート アクセスはできなくなります。証明書を更新するか、再作成してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

この警告メッセージの解決方法です。

ログの名前:         Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Admin
ソース:           Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS
イベント ID:       12510
レベル:           警告
ユーザー:          SYSTEM
説明:サーバー認証に使用される証明書の有効期限は 30 日間です。証明書の有効期限が切れると、仮想マシンへのリモート アクセスはできなくなります。証明書を更新するか、再作成してください。

証明書の有効期限の確認方法

  1. [ファイル名を指定して実行] から mmc を実行して、[スナップインの追加と削除]より [証明書] を選択
  2. 証明書の画面で [サービス アカウント] [ローカル コンピューター] を選択した状態で 次へ をクリック
  3. サービス アカウントの中から、[Hyper-V Virtual Machine Management] を選択して 完了 をクリック
  4. [証明書] – [vmms\個人] を展開して [証明書] を選択

こんな感じで有効期限が表示されます。該当の警告メッセージが出力されている場合は有効期限が30日以内になっているはずです。

hyvmmc01

上記で右ペインにある証明書の右クリックして削除します。
削除したら、VMMS サービスの再起動か、サーバーシステムを再起動を実施してください。
再起動後に、下記の警告メッセージが出力されたら、前述した方法で証明書を確認してみてください。再作成されて有効期限が更新されているはずです。

ログの名前:         Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Admin
ソース:           Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS
イベント ID:       12520
レベル:           警告
ユーザー:          NETWORK SERVICE
説明:サーバー認証用の自己署名証明書を自動生成しています。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。