[Windows8] 仮想マシン環境(Hyper-V)を使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Windows8 では、Windows7にあった「XP mode(Virtual PC)」 は廃止され、代わりにサーバOSではお馴染みの「Hyper-V」が実装されています。

[コントロールパネル][プログラム][Windows の機能の有効化または無効化]から有効化することができます。
w8hv001

具体的な使い方は、ヘルプ等を確認してもらうとして、Windows7の「XP mode」を使っていた方への注意点などをお伝えしておきます。

  • Windows8 には「Hyper-V」用のゲストOSのライセンスは付属していません
    →Windows7のように「XP mode」として「WindowsXP」の専用ライセンスが付属されていた。
  • 「Virtual PC」から「Hyper-V」へ簡単に移行できません
    →「XP mode」以外で利用してた「Virtual PC」の仮想マシンもVHDファイル以外は互換性が無いため、「Hyper-V」用の仮想マシンとして設定し直す必要があります。(VHDは使えるのOSの再セットアップとかは不要)

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。