[iPhone] アイフォーン(iPhone)で電源ボタン(スリープボタン)が故障したときの画面ロックとiOSの再起動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

電源ボタン(スリープボタン)が陥没して使えない場合にとても便利な機能があるのでご紹介。

[Assistive Touch]機能を使う
設定アプリから[一般]→[アクセシビリティ]→[Assistive Touch]で有効化することができます。
ipat01

「Assistive Touch」で画面ロックさせる
そのままカバンなどに入れる人もいますが、誤タッチを気にして画面ロックしてから入れる人がほとんどですよね。
[デバイス]→[画面ロック]
ipat02ipat03

※「Assistive Touch」機能は[アクセシビリティ]の[トリプルクリック]に設定できますので、「Assistive Touch」アイコンが邪魔な方はこの機能でON/OFFを切り替えると便利です。

「Assistive Touch」でiOSの再起動させたい
基本的には「画面ロック」と同じです。
[画面ロック]のアイコンがそのまま「電源ボタン(スリープボタン)」と思って「長押し」ください!
これで電源を落とすことができます。
あとは充電ケーブルを差し込めば、自動的にiOSが起動してくれます。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。