[VBScript] Internet Explorer 自動操作(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

前回の続きです。
今度は、直接POSTデータ(ボタンをクリック)を送った状態を再現してみようと思います。

今回の例はAmeba(アメーバ)へ自動ログインするスクリプトになります。
(下記をメモ帳等へコピー&ペーストして「~.vbs」というファイル名で保存すればOKです。)

Option Explicit
Dim objIE, strURL

Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
objIE.Visible = True
strURL = "http://www.ameba.jp/login.do"

//POSTデータの作成
Dim Stream, postData
Set Stream = CreateObject("ADODB.Stream")
Stream.Open
Stream.Charset = "UTF-8"
Stream.WriteText "serviceId=0&amebaId=アメーバID&password=パスワード"
Stream.Position = 0
Stream.Type = 1
postData = Stream.Read
Stream.Close

//データタイプの指定
Dim strHeaders
strHeaders = "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded" & vbCrLf

objIE.navigate2 strURL, Null, Null, postData, strHeaders
WScript.Sleep 5000
Set objIE = Nothing

今回のポイントは「POSTデータの作成」「データタイプの指定」の2つです。

  • POSTデータの作成  ← POSTデータ作成するための処理になります。[WriteText]の行で必要なパラメータをセットしています。
  • データタイプの指定  ← POSTデータを送りますよという指定

これで、Ameba(アメーバ)へログインした後のマイページの画面が表示されます。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。