[Google Analytics] 同一のURLを内容別にアクセス解析する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Google Analytics でアクセス解析をしていて、申込フォームなどのシステムがある場合、「~.cgi」「~.php」などでアクセスがまとめられて困ることはありませんか?

こんな場合に、埋め込んでいるトラッキングコードを工夫してあげることで対応できます。
(トラッキングコードの説明や設置方法などは こちら をご覧ください)

  var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-Y']);
  _gaq.push(['_trackPageview']); ← この部分を変更します。

  (function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

何もしなければ、アクセスしているURLで集計されてしまうのですが、指定することによって別々の集計にさせることができます。

_gaq.push(['_trackPageview' , '区別できるようなURLを指定する']);

これを使えば、「何人が入力フォームまで進んで引き返したか」等を知る事ができます。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。