[Windows] Windows Server 2008 R2 でのODBC設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

過去にも同様の記事がありますが少し詳しく。

64bitOSで管理ツールからODBC設定を開くと64bit用のODBC設定画面になります。
どちらか解らない場合は設定画面のドライバーを確認すると良いでしょう。(ドライバーが少ないです)

odbc64

32bit版のODBC設定画面は下記から起動できます。

%systemdrive%\Windows\SysWoW64\Odbcad32.exe

odbc32

おそらくODBC経由でのデータアクセスは旧システムで使われている事が多いと思いますので、64bitOSへ移行する際には気を付けなければなりません。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。