[Windows] 「Windows Update」でできた一時ファイルのフォルダが消えない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Windows Update の一時ファイルの格納フォルダがドライブの直下にできてしまい、削除しても消えないことがあります。

例) 1f36d847bc768578ca53606ba2a63b5d ← こんな感じのフォルダなど

エクスプローラー等で消そうとすると、「アクセス権が無い」「ファイルが見つからない」等で怒られてしまい消せません。
これはWindowsが更新の際に誤って途中で消されないように特殊なファイルとして作られているのですが、不具合や予期せぬシャットダウンなどによって残ってしまうわけです。

このようなファイルやフォルダは以下のような手順で削除させることができます。(管理者権限は必須ですよ!)

  1. ファイルやフォルダの所有者を変更する
    アクセス権を設定する画面で「詳細設定」を選択、「所有者」タブから編集で自分のアカウントを選択でOK
  2. ファイルやフォルダのアクセス権を強制的に変更する
    コマンドプロンプトを起動して下記を実行します

    >cacls 対象のフォルダ名 /T /G 自分のアカウント:F
    
  3. エクスプローラー等で削除する

これで無事に邪魔なファイルやフォルダが消すことができました。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。