サーバ機をデスクトップとして使おう!(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

先日紹介したDELLサーバ(PowerEdge T110Ⅱ)でメイン作業用のPCを構築しよう!っというお話しです。

コンセプトは「故障してもすぐに復旧できるような環境作り」です。
そこで「Hyper-V」です!!
必要な作業は全て「Hyper-V」上のゲストOSで行うことを前提として、ホストOS(Windows Server 2008 R2)は極力何もアプリケーションや設定を行わない。
これで、ゲストOSのイメージだけバックアップしていれば、最悪ハードウェアが故障しても、OSのイメージを使って、どこかで環境を復元できます。

まずはハードウェア構成(ポイントのみ)です。

○DELLサーバ(T110Ⅱ)

  • CPU:Intel Xeon E3-1240 ※コストパフォーマンスで選択
  • MEM:1GB ※「Hyper-V」で大容量にしたいので、別途購入予定
  • HDD:RAID 1 600GBx2(6Gbps SAS 15000RPM) ※「Hyper-V」で少しでもパフォーマンスを上げるため速度重視!

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。