Open Flash Chart を使ってみる(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

「Open Flash Chart」は動的にデータを読み込ませる事ができる
っということは。システムに組み込む事ができる!

  • データファイル(JSON形式) をPHPで記述してみよう

  • <?php

    $data = array();
    for( $i=0; $i<10.2; $i+=0.2 )
    {
    $data[] = sin($i) * 1.9;
    }

    include '../php-ofc-library/open-flash-chart.php';

    $title = new title( "サンプル" );

    $d = new hollow_dot();
    $d->size(5)->halo_size(0)->colour('#3D5C56');

    $line = new line();
    $line->set_default_dot_style($d);
    $line->set_values( $data );
    $line->set_width( 2 );
    $line->set_colour( '#3D5C56' );

    $x = new x_axis();
    $x->set_range( 0, 45, 2 );

    $y = new y_axis();
    $y->set_range( 0, 15, 5 );

    $chart = new open_flash_chart();
    $chart->set_title( $title );
    $chart->add_element( $line );
    $chart->set_x_axis( $x );
    $chart->set_y_axis( $y );

    echo $chart->toPrettyString();


    ※具体的なコードはサンプルやドキュメントを参考にしてください

    昨日の記事で「open-flash-chart.swf」のHTML記述{“data-file”:”JSON形式のデータファイルのパス”}の部分に上記を記述したPHPファイルを指定します。

    WordPress対応 PHPファイル 難読化ツール

    ご訪問ありがとうございます。
    参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

    ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

    閉じる

    ご意見・ご感想をお待ちしております。

    いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。