[Windows] タスクスケジューラとWindowsサービスにおける特権アカウントの昇格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

attention この記事は2年以上前の投稿になります。
記載された情報が古くなっている可能性がございますので十分ご注意ください。

Windows Vistaから導入されたユーザーアカウント制御 (UAC)によって、管理者権限のアカウントでも実行を許可するか確認を取るダイアログが表示され、許可したプログラム以外は管理者の権限で実行することができなくなった。

つまり、権限の「昇格」が必要になったのだが、タスクスケジューラの実行やWindowsサービスの起動アカウントではどうなるのか調べてみました。

  • タスクスケジューラの実行の場合
    タスクのプロパティ[全般]タブにある「セキュリティ オプション」に[最上位特権で実行する]のチェックボックスで制御を行う。
  • Windowsサービスの起動の場合
    サービスのプロパティ[ログイン]タブでアカウントを設定するが、それらしい項目は見当たらない。
    動作を確認してみると、サービスに関しては自動で昇格されるようだ。

ご訪問ありがとうございます。
参考になりましたら『いいね!』もお願いします。

ITの活用情報を毎週お届けする無料メルマガに是非ご登録ください。

閉じる

ご意見・ご感想をお待ちしております。

いただいた情報は一般公開されません。(入力いただいたメールアドレスにてご返信させていただきます)
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。